パワーストーンとは

パワーストーンとは

パワーストーンとは、特殊な力が宿るとされる「天然石」です。

 

実は、パワーストーンという言葉は和製英語で、英語では「Crystal」や「Gemstone」と表記されます。
パワーストーンは、アメリカで水晶の癒しブームが起こったことで一躍脚光を浴びました。

 

 

古くから人間は、天然石や鉱物には特殊な力が宿っていると信じられてきました。
古代の文明では、パワーストーンは地位のシンボルである装飾品や武器、儀式等に使われてきました。
そして、死者の霊を弔う際の副葬品としても利用されていました。

 

それでは、日本ではどうでしょうか?
日本でも昔は岩や石は神が宿ると信じ、翡翠(ひすい)瑪瑙(めのう)で作られた勾玉はお守りや、権力のシンボルとしていました。
また治療薬にもなっていたようです。

 

 

現代においては、アメリカからは始まったパワーストーンブームは、1980年代後期から1990年代前期にかけて日本にも波及しました。
パワーストーンを身につけている著名人やスポーツ選手は多く、多くのメディアや本や雑誌の影響もあり、今でもパワーストーンの力は信じられています。

 

近年では、石に秘められた波動を利用して、精神と身体の波動を整える代替医療の研究開発がヨーロッパを中心に進んでいます。

 

 

古代から人々は石の力を信じてきたんですね。
確かに、パワーストーンって、目に見えないがゆえの神秘的さとロマンがあると思いませんか?
現在は占いもブームですし、それと同じようにパワーストーンは人気ですよね。

 

パワーストーンを身につけることで願いが成就するといいですね。
でも、パワーストーンの力も信じない人にはきっと効かないのかもしれませんね。